かんたん安心グループウェア

サイボウズ Office 7


ホームマニュアル管理者マニュアル運用管理> システムメールアカウントを設定する


システムメールアカウントを設定する

システムメールアカウントを設定します。

補足

システムメールアカウントを設定する

システムメールアカウントを設定します。

「システム設定」画面で、「詳細設定詳細設定」タブから、運用管理運用管理システムメールアカウントシステムメールアカウントをクリックし、システムメールアカウントの登録システムメールアカウントの登録をクリックする
「システムメールアカウントの登録」画面が表示されます。
必要な項目を設定し、 をクリックする

システムメールアカウントの登録の設定項目

画面の項目欄に「*」が付いている項目は必ず入力してください。

項目 説明
送信メールサーバー名(SMTP) 送信メールサーバー名(SMTP)を入力します。
送信メールサーバーポート番号 送信メールサーバーポート番号を入力します。送信メールサーバーポート番号は、送信メールサーバー名(SMTP)を入力した場合のみ必須です。
E-mail 使用するメールアドレスを入力します。

SMTP 認証の設定項目

SMTP 認証を行う場合は、「SMTP 認証を行う」にチェックを入れ、次の設定を行ってください。
画面の項目欄に「*」が付いている項目は必ず入力してください。

項目 説明
認証識別 認証識別を選択します。
アカウント名 SMTP 認証に使用するアカウント名を入力します。
パスワード SMTP 認証に使用するパスワードを入力します。

POP before SMTP の設定項目

受信後に送信を行う(POP before SMTP)場合は、「受信後に送信を行う(POP before SMTP)」にチェックを入れ、次の設定を行ってください。
画面の項目欄に「*」が付いている項目は必ず入力してください。

項目 説明
送信までの待ち時間 送信までの待ち時間を選択します。
受信メールサーバー名(POP3) 受信メールサーバー(POP3)の IP アドレス、またはホスト名を入力します。 POP3 サーバーが APOP 認証に対応している場合は、「APOP 認証を行う」にチェックを入れます。
受信メールサーバーポート番号 受信メールサーバーポート番号を入力します。
POP3 アカウント名 受信メールサーバー(POP3)へのアカウント名を入力します。
POP3 パスワード 受信メールサーバー(POP3)へのパスワードを入力します。
補足

システムメールアカウントを使用する機能を設定する

システムメールアカウントを使用する機能をします。

「システム設定」画面で、「詳細設定詳細設定」タブから、運用管理運用管理システムメールアカウントシステムメールアカウントをクリックし、システムメールアカウントの使用システムメールアカウントの使用をクリックする
「システムメールアカウントの使用許可」画面が表示されます。
システムメールアカウントを使用する機能の「使用する」にチェックを入れ、 をクリックする
使用しない場合は、「使用する」のチェックを外します。
補足
  • スケジュールの予定通知のメール転送にシステムメールアカウントを使用しない場合は、スケジュールのメール転送機能が使用できません。
  • 電話メモのメール転送にシステムメールアカウントを使用しない場合は、ユーザーのメールアカウントを使用しメール転送機能を使用できます。
  • ケータイのアクセス URL のメール転送の設定欄は、ケータイが使用可能な場合のみ表示されます。
  • システムタスクの実行結果のメール転送に、システムメールアカウントを使用するかどうかは設定できません。

ホーム製品情報オプション製品導入事例お試し価格・見積・発注新規導入相談