かんたん安心グループウェア

サイボウズ Office 7


ホームマニュアル管理者マニュアル運用管理> 個人データをサーバー間で移行する


個人データをサーバー間で移行する

個人データをサーバー間で移行します。

注意
  • 移行先の「Office 7」は、製品のバージョンが同じで、プロダクト ID が異なる「Office 7」である必要があります。
    プロダクト ID については、ヘルプヘルプで確認できます。
  • 個人データの中から次のデータが移行されます。
    • スケジュールの予定
    • ToDo リスト
    • 電話メモ(在席確認)
    • タイムカード
    • ユーザー名簿
    • 個人設定(ユーザー情報、メール送信情報、署名、個人フォルダ、スケジュール等)

個人データ移行の流れ

個人データを移行する流れを説明します。

個人データは、次のステップにしたがって移行します。

個人データをファイルに書き出す
移行元の「Office7」で、ユーザーを選択し、指定したユーザーの個人データをファイルに書き出します。
移行するユーザーを追加する
移行先の「Office 7」で、個人データを読み込むユーザーを追加します。
Step1 で選択したユーザーと同じ名前のユーザーを追加してください。
個人データをファイルから読み込む
移行先の「Office 7」で、Step1 で書き出したファイルを読み込みます。
正しくデータが移行されたかどうかを確認する
移行先の「Office7」で、個人データが正しく移行されたかどうかを確認します。
正しく移行できたことを確認できたら、移行先の「Office7」で、必要に応じて次の設定を行ってください。
  • ユーザーのログイン名の設定
  • ログインパスワードの変更
  • 所属グループの設定
  • メールアカウントの設定
  • 「サイボウズ Office7 ケータイ」の設定
移行元のユーザーを削除する
移行元の「Office7」で、データを移行したユーザーを削除します。

個人データを書き出す

移行元の「Office 7」で、個人データを書き出します。

注意
  • 書き出したファイルを編集したり、ファイルの拡張子を「.agu」から変更しないでください。
「システム設定」画面で、「詳細設定詳細設定」タブから、運用管理運用管理個人データのサーバー間移行個人データのサーバー間移行をクリックする
「個人データのサーバー間移行」画面が表示されます。
ユーザーを選択して、データを書き出すユーザーを選択して、データを書き出す をクリックする
「個人データの書き出し(ユーザーの指定)」画面が表示されます。
書き出すユーザーを設定し、 をクリックする
「個人データの書き出し(確認)」画面が表示されます。
をクリックする

個人データを読み込む

移行先の「Office 7」で、個人データを読み込みます。

「システム設定」画面で、「詳細設定詳細設定」タブから、運用管理運用管理個人データのサーバー間移行個人データのサーバー間移行をクリックする
「個人データのサーバー間移行」画面が表示されます。
ユーザーを選択して、データを読み込むユーザーを選択して、データを読み込む をクリックする
「個人データの読み込み(ユーザーの指定)」画面が表示されます。
読み込むユーザーを設定し、 をクリックする
「個人データの書き出し(ファイル指定)」画面が表示されます。
をクリックして、読み込むファイルを指定し、 をクリックする
「○○さんのデータのサーバー間での移行」画面が表示されます。
内容を確認し、 をクリックする

ホーム製品情報オプション製品導入事例お試し価格・見積・発注新規導入相談