かんたん安心グループウェア

サイボウズ Office 7


ホームマニュアルインストールマニュアル> Linux環境でのインストール


Linux 環境でのインストール

「Office 7」を Linux 環境のサーバーにインストールする手順を説明します。

補足
  • インストールには Linux コマンドを使用します。Linux シェル環境での作業経験がない場合は、サーバー(Linux)のシステム管理者に協力を依頼してください。
インストール環境を確認する
スーパーユーザーでログインする
su コマンドで、root 権限でログインします。(" -" を付けてください)
# su -
ダウンロードしたインストーラー「cbof7xjal.bin」を適当なディレクトリに保存し、そのディレクトリに移動する
例) /tmp にインストーラーを保存した場合
# cp cbof7xjal.bin /tmp
# cd /tmp
インストーラー「cbof7xjal.bin」を実行する
# sh cbof7xjal.bin
日本語が表示されたら、「Y」を入力し、Enter キーを押す
「この日本語が正しく表示されている場合は Y を入力してください。」の部分が文字化けしている場合は、英語表示モードでインストールしてください。「N」を入力してから Enter キーを押してください。
この日本語が正しく表示されている場合は Y を入力してください。
If you cannot read the above Japanese text, type 'N'.

[Y] / [N]:
Enter キーまたは Space キーを押して、製品の試用許諾契約書を確認し、同意する場合は「Y」を入力して、Enter キーを押す
試用許諾契約書に同意しない場合は、「N」を入力してから Enter キーを押して、インストールを中止します。
試用許諾契約書に同意しますか?

[Y](はい) / [N](いいえ):
インストール識別子を確認し、Enter キーを押す
通常はインストール識別子を変更する必要はありません。何も入力せずに Enter キーを押します。ただし、複数の「Office 7」をインストールする場合は、インストールごとに別の識別子を設定する必要があります。
=============== インストール識別子の設定 ===============

インストール識別子を設定してください。
インストール識別子は製品がインストールされるディレクトリの名前になります。

なにも入力せずに [Enter] キーを押すと、「cbag」が設定されます。
通常は変更する必要はありません。

-----------------------------------------------
「サイボウズ (R) Office 6」または「サイボウズ (R) AG」からバージョンアップする場合

使用中の製品と同じインストール識別子を設定してください。
インストール識別子は、実行ファイル(ag.cgi)が保存されているディレクトリの名前です。
例:/var/www/cgi-bin/cbag/ag.cgi の場合
  インストール識別子は「cbag」です。
-----------------------------------------------

[cbag]:
CGI ディレクトリを確認し、Enter キーを押す
通常は CGI ディレクトリを変更する必要はありません。何も入力せずに Enter キーを押します。
設定する CGI ディレクトリは、使用している Web サーバーにより異なります。
=============== CGI ディレクトリの設定 ===============

CGI ディレクトリを設定してください。
指定したディレクトリの下に、インストール識別子と同じ名前のディレクトリが作成されます。

このディレクトリに製品の実行ファイルがインストールされます。

なにも入力せずに [Enter] キーを押すと、「/var/www/cgi-bin」が設定されます。
通常は変更する必要はありません。

-----------------------------------------------
「サイボウズ (R) Office 6」または「サイボウズ (R) AG」からバージョンアップする場合

使用中の製品と同じ CGI ディレクトリを設定してください。
CGI ディレクトリは、実行ファイル(ag.cgi)が保存されているディレクトリのひとつ上の階層のディレクトリです。
例:/var/www/cgi-bin/cbag/ag.cgi の場合
CGI ディレクトリは「/var/www/cgi-bin」です。
-----------------------------------------------
ドキュメントルートディレクトリを確認し、Enter キーを押す
通常はドキュメントルートディレクトリを変更する必要はありません。何も入力せずに Enter キーを押します。
設定するドキュメントルートディレクトリは、使用している Web サーバーにより異なります。
=============== ドキュメントルートディレクトリの設定 ===============

ドキュメントルートディレクトリを設定してください。
指定したディレクトリの下に、「cb70」という名前のディレクトリが作成されます。

このディレクトリに製品の画像ファイルなどがインストールされます。

なにも入力せずに [Enter] キーを押すと、「/var/www/html」が設定されます。
通常は変更する必要はありません。

[/var/www/html]:
使用するオプション製品を選択し、Enter キーを押す
すべてのオプション製品を使用する場合は、何も入力せずに Enter キーを押します。
使用しないオプション製品がある場合は、使用しないオプション製品の番号を入力し、Enter キーを押します。[●] が付いている製品を使用します。
「サイボウズ Office 7 基本セット」は必須です。必ずインストールされます。
インストールを中止する場合は、「Q」を入力してから、Enter キーを押します。
オプション製品の設定

使用するオプション製品を設定してください。

[●]  サイボウズ (R) Office 7 基本セット(必須)
[●] 1. サイボウズ (R) Office 7 ワークフロー
[●] 2. サイボウズ (R) Office 7 報告書
[●] 3. サイボウズ (R) Office 7 プロジェクト

[●] が付いている製品を使用します。
番号を入力して [Enter] キーを押すと、使用するかどうかを切り替えられます。

設定を終了するには [Enter] キーを押してください。

[Enter](選択の確定 / 設定の終了) / [Q](インストールを中止):
Web サーバーの実行ユーザー名を確認し、Enter キーを押す
通常は、Web サーバーの実行ユーザー名には「apche」を設定するため、何も入力せず Enter キーを押します。
Web サーバーの実行ユーザー名を変更する場合は、実行ユーザー名を入力し、Enter キーを押します。
=============== Web サーバーの実行ユーザー名の設定 ===============

Web サーバーの実行ユーザー名を設定してください。

なにも入力せずに [Enter] キーを押すと、「apache」が設定されます。
通常は変更する必要はありません。

[apache]:
インストールの設定を確認し、問題がなければ「Y」を入力して Enter キーを押す。
インストールが始まります。
設定を変更する場合は「N」を入力してから Enter キーを押します。
=============== インストールの設定の確認 ===============

インストールの設定を確認してください。

インストール識別子: cbag
CGI ディレクトリ: /var/www/cgi-bin
ドキュメントルートディレクトリ: /var/www/html
Web サーバーの実行ユーザー名: apache
スケジューリングサービスの起動 / 停止ファイル: /etc/rc.d/init.d/ofss_cbag
アンインストールの実行ファイル: /var/www/cgi-bin/cbsg/uninstall_cbag

使用する製品
サイボウズ (R) Office 7 基本セット
サイボウズ (R) Office 7 ワークフロー
サイボウズ (R) Office 7 報告書
サイボウズ (R) Office 7 プロジェクト

この設定でインストールします。よろしいですか?

[Y](はい) / [N](いいえ):
インストールが完了したら、試用許諾契約書と README の保存場所を確認する
=============== インストールの終了の確認 ===============

インストールが正常に終了しました。
使用する前に README を読んでください。

-----------------------------------------------
試用許諾契約書と README の保存先は次のとおりです。

試用許諾契約書: /var/www/cgi-bin/cbag/LICENSE
README: /var/www/cgi-bin/cbag/README
-----------------------------------------------

Web ブラウザーで次の URL にアクセスしてください。

http://(サーバーの IP アドレスまたはホスト名)/(CGI ディレクトリ)/(インストール識別子)/ag.cgi
例: http://webserver.cybozu.co.jp/cgi-bin/cbag/ag.cgi
例: http://192.168.1.1/cgi-bin/cbag/ag.cgi
動作を確認する
Web ブラウザーを起動し、「Office 7」にアクセスします。初回アクセス画面が表示されれば、インストールは正常に終了しています。

アクセスする URL は次のとおりです。
例)「Office 7」を /usr/local/www/cgi-bin/cbag にインストールした場合
http://(サーバーの IP アドレスまたはサーバー名)/cgi-bin/cbag/ag.cgi?
  • サーバーの IP アドレスが「192.168.1.1」、インストール識別子が「cbag」の場合
    http://192.168.1.1/cgi-bin/cbag/ag.cgi
  • サーバー名が「bozuman.co.jp」、インストール識別子が「cbag」の場合
    http://bozuman.co.jp/cgi-bin/cbag/ag.cgi

「Office 7」の初回アクセス画面が表示されない場合は、 「「Office 7」の初回アクセス画面が表示されない場合」 を参照してください。
会社名/お名前を入力し、 をクリックする
入力された会社名/名前のサンプルデータを作成します。 「次へ」画面
ログイン画面が表示されたら、画面下部にある システム設定システム設定 をクリックし、基本設定を行う

『管理者マニュアル』の「基本設定を変更する」

注意
  • 「Office 7」の初回アクセス画面が表示されない場合
    次の項目を確認してください。
    • サーバーの IP アドレスまたはサーバー名、ディレクトリ名、ファイル名などが正しく入力されているか
    • CGI を実行できるディレクトリを指定しているか
    • 仮想ディレクトリの設定は正しいか
    あわせて、 『よくある質問と答え(FAQ)』 も参照してください。
補足
  • 製品の複数インストールについて
    1 つのサーバーに複数の「Office 7」をインストールする場合は、手順 7 で、すでにインストールしている「Office 7」で使用している識別子とは異なる識別子を入力し、インストール作業を実行すると、1 つのサーバーに複数の製品をインストールできます。
  • Web サーバーの実行ユーザーとは
    次のコマンドで Web サーバーの起動ユーザー名を確認できます。
    例)Web サーバープロセス名が httpd の場合
    > ps aux | grep httpd
    nobody 5235 0.0 1.9 540 576 ?? I  30Nov99  0:00.25 httpd

    結果の最初の項目に表示されるのが、Web サーバーの起動ユーザー名です。
    例の場合は nobody が、 Web サーバー の起動ユーザー名です。
    ※root もユーザー名として表示されることがありますが、 root は起動ユーザー名として設定しないでください。

ホーム製品情報オプション製品導入事例お試し価格・見積・発注新規導入相談