かんたん安心グループウェア

サイボウズ Office 7


ホームマニュアルインストールマニュアル> Linux環境でのアンインストール


Linux 環境でのアンインストール

Linux 環境で使用している場合に、「Office 7」をアンインストールする方法について説明します。

注意
  • アンインストールする前に、データをバックアップしておくことをお勧めします。

    『管理者マニュアル』の「データをバックアップする」

  • 削除したデータを、元に戻すことはできません。くれぐれもご注意ください。誤って削除してしまった場合、弊社ではサポート致しかねます。あらかじめご了承ください。
  • アンインストールは、Root 権限のあるユーザーで行ってください。

アプリケーションを削除する

アプリケーションを削除します。

スーパーユーザーでログインする
# su -
アンインストールする「Office 7」のインストールディレクトリに移動する
例)インストールディレクトリに「/var/www/cgi-bin/cbag」を指定した場合
# cd /var/www/cgi-bin/cbag
アンインストーラー「uninstall_cbag」を実行する
# ./uninstall_cbag

これでアンインストールは終了です。

データを削除する

アプリケーションを削除したあとに、不要になったデータを手動で削除します。

削除するデータは、次のとおりです。

注意
  • 「Office 7」を複数インストールしている場合、すべての「Office 7」をアンインストールしないときは、(ドキュメントルートディレクトリ)/cb70 以下の全ファイルと全フォルダは削除しないでください。使用中の「Office 7」の画面が正しく表示されなくなります。
補足
  • ドキュメントルートディレクトリやインストールディレクトリ((CGI ディレクトリ)/(インストール識別子))は、「システム設定」の「サイボウズ(R)Office の実行環境の診断」画面で確認できます。
    • ドキュメントルートディレクトリ:「DocumentRoot」欄に表示されています。
    • インストールディレクトリ:「Dir」欄に表示されています。

      『管理者マニュアル』の「「Office 7」の実行環境を確認する」


ホーム製品情報オプション製品導入事例お試し価格・見積・発注新規導入相談